赤ちゃんでも簡単にできるインフルエンザ予防法




富山でハッピー子育て!を合言葉に2008年から活動している
富山市 ベビーマッサージ教室(サークル) はぴぃはぐ 講師ブログです。

>>>ベビーマッサージサークル はぴぃはぐについて詳しくはこちらをご覧くださいね。

 

インフルエンザが流行すると、
赤ちゃんにうつらないか心配になりますよね。

まだ、マスクもうがいもでいない赤ちゃん。
積極的に予防したい!と思っても、どうしたらいいかわからない、
そんなお母さんも多いと思います。

そこで今回は、赤ちゃんやまだマスクができない子どもでも簡単にできるインフルエンザ予防法について、お話します。

 

インフルエンザを予防するために赤ちゃんでも簡単にできる方法とは?

インフルエンザのウィルスは、喉の粘膜で増えていきます。

ウィルスに対抗するために、
私たちの喉の粘膜は、自然とウィルスを外に出して感染を防ごうとしてくれています。

ただ、喉が乾燥すると、
ウィルスに対抗するはたらきが弱くなってしまいます。

ただでさえ、冬は暖房、エアコンなどでも乾燥しやすい時期です。

 

だから、インフルエンザ予防のためには、水分をこまめにとること!

とっても簡単なことですよね。

 

水分をとることで、
喉を潤して、からだの抵抗力を高めることができます。

赤ちゃんなら母乳(授乳)でも大丈夫です。

 

さらに、水分をとると、
もし、ウィルスが喉にいても、胃の中へウィルスを流すこともできます。

ウィルスは胃酸には勝てません!

喉の粘膜でウィルスが増えるのを防ぐことができます。

 

 

汗をかきにくい冬は、夏ほど気をつけて水分補給をしないですよね。

だけど、冬こそ、
インフルエンザや風邪の予防のために、水分をとることが大切だと思います。

 

毎日学校に水筒を持っていく子ども達。
だけど、やっぱり冬はお茶の減りが遅いです^^;

子どもたちには、喉が渇いていなくても、休み時間に一口お茶を飲むように言っています。
(理由も説明してるけど、わかっていないかも・・・)

私自身も、水分補給に気をつけるようにしています!

 

 

そうそう、水分はたくさん飲む必要はなくって、ほんの一口でOKです。
そのかわり、こまめにとるといいですよ。

 

さいごに:赤ちゃんでも簡単にできるインフルエンザ予防法

 

こまめな水分補給は、赤ちゃんでも簡単にできるインフルエンザ予防法として、とってもオススメです^^

赤ちゃんだけでなく、
まだマスクができない小さなお子さん、
なかなかうがいができない職場でも、水を飲むことならできますよね。

自分でできることから生活に取り入れて、
インフルエンザの流行にのらず、元気に冬を過ごしていきましょう!