マスクができない赤ちゃんでもできるインフルエンザ予防法




富山でハッピー子育て!を合言葉に活動している
富山市 ベビーマッサージ教室(サークル) はぴぃはぐ 講師ブログです。
>>>ベビーマッサージサークル はぴぃはぐについて詳しくはこちらをご覧くださいね。

 

インフルエンザが流行っています。

赤ちゃんがいるご家庭では、特に心配ですよね。

ベビーマッサージでも話題になりました。

今回は、マスクができない赤ちゃんでもできるインフルエンザ予防法についてお話します。

 

我が家でも、ハーブや漢方を駆使してインフルエンザ予防につとめています。

毎朝のハーブティーは、
エキナセアやエルダーフラワーといった
免疫力アップのブレンドにしています。

さらに、抗ウィルス作用、免疫力アップのアロマを使って、
お風呂にはアロマバス、
寝る前にはアロマジェルでマッサージ。

「インフルにならないぞ!」
マッサージはもちろん、おまじない付きです^^

そして、ちょっとおかしいなと思ったら、早めの漢方でケアしています。

 

インフルエンザが大流行の今、
私と同じように不安だったり、心配なお母さんもきっと多いですよね。

漢方やハーブには関係ない話ですが、
まだマスクができないお子さんでもできる、
簡単なインフルエンザ予防法を紹介しますね!

 

マスクができない赤ちゃんでもできるインフルエンザ予防法

 

赤ちゃんでも簡単にできるインフルエンザ予防法は、
水分をこまめにとることです。

とっても簡単なですよね!

インフルエンザのウィルスは、のどの粘膜で増えていきます。

ウィルスに対抗するために、
私たちの喉の粘膜は、ウィルスを外に出して感染を防ごうとしています。

ただ、のどが乾燥すると、
このはたらきが弱くなってしまいます。

(冬場って、エアコンなどでも乾燥しやすいですよね)

 

なので、こまめに水分をとることで、
のどを潤して、からだの抵抗力を高めることができます。

あと、水分をとることで、
胃までウィルスを流すこともできます。

ウィルスは胃酸には勝てません!

 

汗をかきにくい冬は、
夏ほど気をつけて水分補給をしないですよね^^;

私自身も気をつけていますが、
子どもたちにも喉が渇いていなくても
休み時間になったら、一口お茶を飲むように言っています。

 

水分補給は、たくさん飲む必要はありません。
ほんの一口でOKです。

そのかわり、こまめに飲むといいですよ。

ただ、コーヒーを水かわりに飲んでいる方は、摂りすぎには注意してくださいね。

私のおすすめはハーブティーやお白湯かな。

マスクができない赤ちゃんやお子さんでも、
水分補給ならできますもんね!
(もちろん、授乳でもOKです)

冬こそ、こまめな水分補給で、インフルエンザや風邪を予防していきましょう!

 

ちなみに、授乳中にインフルエンザになっても、
授乳を続けても大丈夫です。

西洋薬のインフルエンザ薬を使っても、麻黄湯などの漢方薬を飲んでも問題ありません。

授乳中のインフルエンザで薬を飲むか授乳を続けるか不安なママへ

 

まとめ

 

こまめな水分補給は、誰にでもすぐにできる
インフルエンザ予防法として、とってもオススメです^^

すぐにできることから生活に取り入れて、
インフルエンザの流行にのらず、元気に冬を過ごしていきましょう!





富山市 ベビーマッサージ はぴぃはぐ






富山でハッピー子育て!を合言葉に活動しています。

ママ同士、赤ちゃん同士、
楽しい時間を過ごしませんか?

富山市呉羽会館にて、
月1回開催しています。
ベテラン助産師の寺井さんに母乳・育児相談もできますよ!