いつも笑顔のママでなくても大丈夫!




富山でハッピー子育て!を合言葉に活動している 富山市 ベビーマッサージ教室(サークル) はぴぃはぐ 講師ブログです。 >>>ベビーマッサージサークル はぴぃはぐについて詳しくはこちらをご覧くださいね。  

 

いつも笑顔のママでいるのはむずかしいけれど、
「大好きだよ!」 「あなたのことが大切なの」
この気持ちはちゃんと伝えたい。

子育て真っ最中の私、
常々、そう思っています。  

 

我が家の子どもたちは、だいぶ大きくなりました。
手もかからないようになってきました。

だいたいは、兄妹で楽しそうに遊んでいるときの方が多いのですが・・・

「ママー、○○とって!」

「ママー、なんかヒマ~」

「ママー、抱っこ」

お休みの日は特に、なんだかんだと相手をするのも大変です。

私もやりたいことを中断されて、
自分のペースで進めることができなくなると、ついイライラ・・・。

つい、大人げなく子どもたちに怒ってしまうこともよくあります。

また、子どもたちってそういうときに限って、
私が<カチ~ン>ってくることを言ってくるんですよね。

わざと地雷を踏んでるの!という感じで(笑)    

 

そして、子どもたちに怒ってしまったあとに、
はあっとため息つきながら、自己嫌悪。

できることなら、いつも笑顔のママでいたい。

だけど、ママも一人の人間です。

イライラしたり、怒ってしまうのも、あたり前だとおもいます。

 

私は、自分の気持ちが落ちついてから、

「ママも疲れて、イライラしていたの。
だから、こわい口調になってごめんね。
でも、妹をたたいたらダメだよ」

言いすぎてしまったことについては、 子どもたちに素直に謝るようにしています。  

 

特に、意外と繊細な長男くんは、
ママに怒られた=嫌われた、自分を否定された
こう感じるようです。    

 

「あなたが嫌いだから怒ったんじゃないの。
わかって欲しいから、怒って伝えているの。」

できる限り、説明しています。

(赤ちゃんにはわからないかもしれませんが、 小さな頃からそうしています。)  

 

ママにとっては当たり前のことでも、
子どもにとっては、当たり前ではないこと、
そういうことも多いからです。  

 

子どもはママが大好き。
もちろんママも同じ気持ち。

だけど、いつも笑顔のママでなくても大丈夫!!  

いつも完ぺきなママでいるよりことも、
「大好きだよ」という気持ち、そしてそれを伝えることを大切にしていきたいですよね。





富山市 ベビーマッサージ はぴぃはぐ






富山でハッピー子育て!を合言葉に活動しています。

ママ同士、赤ちゃん同士、
楽しい時間を過ごしませんか?

富山市呉羽会館にて、
月1回開催しています。
ベテラン助産師の寺井さんに母乳・育児相談もできますよ!